雨女のカクリツ。

『心さえ乾いていなければどんな景色も宝石に変わる』と信じて生きる雨女の日記。

四季折々の表情が見れる♪宮沢賢治も訪れた『釜淵の滝』

思い立ったら即行動、くめあめこです。

 

お盆休み、

ちょっと行ってみたいおもしろスポットを見つけたので
晴れたら海に行こうって話していた友達に
行先変更のご提案。

 

即答でOK ☆٩( 'ω' )و

 

青森市内くもり空だったけど
高速乗って岩手県花巻市へレッツゴー☆


花巻市と言えば・・・宮沢賢治ですよね!

 

今回の旅のメインは『宮沢賢治童話村』
ライトアップしてるんですー。
しかも無料。(一部、賢治の学校は有料です)

 

観光ついでに当然滝も見るよね~。

友達も言わなくてもわかってる~。

 

今回は女子旅なので危なくないとこ・・・
観光地っぽいとこ・・・

 

すぐ近くの『釜淵の滝』これがいい♬

Google マップ

f:id:oyasumiameko:20180816193122j:plain

2018.8.14


ここは散策路がしっかりと整備されています。
そして滝専用Pもあるんです✨

f:id:oyasumiameko:20180816193411j:plain

f:id:oyasumiameko:20180816193504j:plain

滝までの散策路は1周20分程度のようですが
楽・・・スマートに行きたい私。

Pから滝までが近い上のつり橋を渡るコースで参ります。

歩いてみて感じたけどこの地図で見るより滝までの道、近いです。

ほとんど歩きません。

 

しかしこのあたり・・・熊対策がすごいな。
熊に注意看板はもちろん、途中『鳴らしてね』のベル🔔
熊が出やすいってのはもちろんのこと、
それだけ観光地として多くの人が訪れるからなのでしょうね。
何もない山奥ならたとえ熊に会ったとしても


そんな山奥当然じゃん?

そんなところに行ってるアナタの自己責任じゃん?

てなるもんね。

 

セミの鳴き声を聞きながら道を進むとつり橋。
これまで滝めぐりをしてきてありそうでなかった“つり橋”

 

f:id:oyasumiameko:20180816193946j:plain

わくわく。 

小学生みたいにちょっと揺らしてみますw 

おお、揺れるwww

f:id:oyasumiameko:20180816194159j:plain

f:id:oyasumiameko:20180816194254j:plain

途中、滝の落ち口から滝見台側をのぞけるスペースがありました。

f:id:oyasumiameko:20180816195132j:plain

あちこち穴があいてますね。

楽しみながら歩くこと5、6分?滝見台に到着です。

f:id:oyasumiameko:20180816194402j:plain

真ん中の草、人の顔に見えるな・・・

秋田の桃洞滝に似ている (写真でしかみたことないけど♡)


大きな岩にくぼみがあって吸い込まれるように滑り落ちる滝。

f:id:oyasumiameko:20180816194558j:plain

f:id:oyasumiameko:20180816194642j:plain

f:id:oyasumiameko:20180816194931j:plain


ケンジ先生もここに来て地形や岩石などを調べていったそうです。


鉱物採集に熱中していて、
11歳の頃に家族から「石コ賢さん」と
あだ名をつけられていたんだって。

 

 

あれ

なんだかリンクしてる。笑

 

石っ子くめあめこも滝巡り、海巡りを通して石ころ研究中です。
最近だと落ちてもいないであろうガーネットや砂金を探していますw
売る目的ではなくて宝探しみたいで楽しいんですよねー。

今度、鉱山跡へ行ってみようかな
❤(。☌ᴗ☌。) ❤

 

日帰り花巻の旅はつづく~